県アマ09 男子65歳以上 芙 蓉

開催日: 2009/4/6 (月)

大会名: 神奈川アマ

部門名: シニア65歳以上の部

会 場: 芙蓉C.C.

Topics

中島粘りの栄冠佐藤がメダリスト

2009/4/6 (月)

ミッドシニア

ゴルフの「神奈川アマ2009」ミッドシニア(65歳以上)男子の部は4月6日、藤沢市の芙蓉カントリー倶楽部(6005yd、パー70)に129人が参加、18ホールストロークプレーで争われ、トータル71の中島廣行(川崎)が2位に1打差で初優勝に輝いた。
nakajima.JPG
中島廣行選手




佐藤がメダリスト

シニア男子の部 第1予選

シニア男子の部(55歳以上)は4月6日、中井町のレインボーカントリー倶楽部(6710yd、パー72)で166選手が参加して行なわれ、73ストロークでまわった佐藤充(川崎)が初のメダリストに輝いた。
昨年は一般の部で決勝の舞台も踏んだ佐藤は、アップダウンが激しいコース、硬いグリーンに苦しむ選手が多い中、安定したパットで4バーディー(5ボギー)を奪った。
 5月29日にレイクウッドゴルフクラブ西コースで行われる決勝へは、マッチングスコアカード方式により、86ストロークまでの上位68人が進出する。 
(神奈川新聞・鈴木 陸夫)
satoum.JPG
佐藤 充選手




中島粘りの栄冠


 中島は、高低差のある、トリッキーなコースに苦しんだが、5バーディー、2ボギー、2ダブルボギーにまとめた。
 中島は6月8日に、相模原ゴルフクラブ・東コースで行われる男子の部決勝への出場権を獲得。上位6選手は5月29日にレイクウッドゴルフクラブ西コースでのシニア男子(55歳以上)の部決勝への出場権を手にした。     (神奈川新聞・木村 敏彦)

序盤苦戦もパットにさえ


パットにさえを見せた中島がトリッキーなコースを制した。
出だしの1、番は、アプローチに苦しみ、ダブルボギー。「難しいコースだからボギーは仕方ない。ダブルは、たたかないようにと思っていたんですが」と苦笑する。
 しかし、すぐに巻き返す。3番で約7㍍のスライスラインを読み切って最初のバーディー。調子をつかむと、5番でもグリーンエッジから約5㍍をねじ込みバーディーを奪った。
 6番では、バンカーからのアプローチがピンを約6㍍オーバーしたが、上りラインをきっちりパーセーブ。「グリーンの特徴が分かったので、強気に攻めていけました」と満足そうに話す。
 ゴルフ歴は43年で、県ゴルフ協会では競技力向上委員長も務める67歳。「若い選手たちの手本になるようなゴルフができたかな」と、崩れても粘り強いプレーを振り返った。
 約100本の桜が見ごろを迎えている同コース。「静半を終えて、三つバーディーがそろえられたので、楽しく花見もさせてもらいました」。中島の顔にも笑顔が咲いた。
                           (神奈川新聞・木村 敦彦)

ミッドシニア成績(芙蓉)

「東北人の粘り」発揮 - シニアの部第1予選 -


○…メダリストに輝いたのは「パットには絶対の自信がある」と話す佐藤。16番では「下りのラインを完ぺきに読み切って」5㍍のパットを沈め、四つ目のバーディーを記録した。
 五つのボギーをたたきながら、最後まで崩れなかった「我慢」も光った。出身地になぞらえ「東北人の粘り」と胸を張る。秋田工高時代は野球部に所属、中日の落合博満監督は5年後輩で、後の「三冠王」を怒鳴りつけたこともあるという。
 ただ、2歳になる孫娘の前では60歳のおじいちゃん。この日も電話越しに「頑張って」と送り出された。最高の結果で応え「いい報告ができる」とほおを緩めていた。

シニアの部成績(レインボー)