神奈川アマチュアゴルフ選手権2018 申込状況

更新:平成30年2月16日 到着分

  大会日 会   場 定員 エントリー数
1 4月3日 戸塚CC・西(Pグリーン)
160
締切
2 4月6日 レインボーCC
80
25
3 4月10日 清川CC
160
33
4 4月11日 富士屋ホテル仙石GC
100
66
5 4月12日 長竹CC
80
38
6 4月17日 厚木国際CC・西
160
92
7 4月20日 小田急藤沢GC
160
締切
準1 5月7日 戸塚CC・西(Aグリーン)
55
24
準2 5月9日 箱根CC
55
17
準3 5月14日 湘南CC(平成グリーン)
55
21
決勝 5月28日 相模原GC・東C  
17

一般女子の部

  大会日 会   場 定員 エントリー数
予選 5月21日 小田急藤沢GC
160
28
決勝 6月26日 レイクウッドGC東C  
29

シニア

  大会日 会   場 定員 エントリー数
ミッドシニア 4月16日 芙蓉CC(65歳以上)
160
109
シニア女子 5月7日 磯子CC
160
54

ジュニア

  大会日 会   場 定員 エントリー数
1 5月6日 レイクウッドGC西(15~17男子)  
22
2 5月6日 レイクウッドGC西(15~17女子)  
12
3 5月6日 レイクウッドGC西(12~14男子)  
23
4 5月6日 レイクウッドGC西(12~14女子)  
8
5 6月24日 相模湖CC(小学4~6年生)  
16

最新記事

石川がメダリスト神奈川アマ2018

2018年2月16日


県アマチュアゴルフ選手権2018「男子の部プレミアム第2予選」が13日、横浜市旭区の戸塚カントリー倶楽部・西コース(6549ヤード、パー72)で行われ、106選手が参加、18ホールストロークプレーで競った。
 77で回った石川誠剛(相模原)がメダリストとなり、5月28日から相模原ゴルフクラブで開催される決勝の出場権を獲得した。また87ストロークまでの上位33人(メダリストを除く)が準決勝に進んだ。
成績はこちら

TEAM KANAGAWA(男子)・国体代表候補チーム第1回合同強化会成績

2018年2月14日

 
 2月9日、戸塚CC西コースで2018年のTEAM KANAGAWA(男子)・国体代表候補(成年男子)チームによる合同での第1回強化会が行われました。

<国体代表候補チームについて>
 国体・成年男子の部代表選手が若年化する中、県ゴルフ協会では昨年初めて「大学生から20歳代」数名による国体代表候補チームを新設しました。数回の強化会による結果を代表選考の参考とします。同チームには前年の日本アマ、日本学生など競技力向上委員会が定める大会での記録などを参考に、今年は7名が選ばれています。

◆TEAM KANAGAWA男子 成績

◆国体代表候補チーム 成績

武松将寛

武松茂樹

武松組がメダリスト神奈川アマ2018

2018年2月13日


県アマチュアゴルフ選手権2018は13日、2人一組のチームで争うダブルスの部の第1予選が厚木市の本厚木カンツリークラブ(男子6821ヤード、女子5792ヤード)で行われた。48チーム96人が18ホール・フォアボール(ベストボール)ストロークプレーで競い、武松将寛(大井)・茂樹(同)組が1アンダーの71ストロークでメダリストとなった。82ストロークまでの上位30チームが3月13日にレイクウッドゴルフクラブ・西コースで行われる決勝の出場権を獲得した。

成績はこちら

山口がメダリスト神奈川アマ2018

2018年2月9日


 4月に開幕する県アマチュアゴルフ選手権2018「男子の部プレミアム第1予選」が9日、横浜市旭区の戸塚カントリー倶楽部・西コース(6549ヤード、パー72)で行われ、10月までの大会がスタート、この日は83選手が参加、18ホールストロークプレーで競った。
 2バーディー、3ボギー、の73で回った山口拓也(厚木)がメダリストとなり、5月28日から相模原ゴルフクラブで開催される決勝の出場権を獲得した。また87ストロークまでの上位27人(メダリストを除く)が準決勝に進んだ。
 プレミアム予選を通過できなかった場合でも4月に始まる男子の部予選にエントリーすることができ、予選通過に2度のチャンスを設けている。プレミアム第2予選は2月16日、同じく戸塚カントリー倶楽部・西コースで行われる。


成績はこちら

2月1日より神奈川アマ2018受付開始神奈川アマ2018

2018年1月31日


 神奈川アマ2018は、2月1日から男子、女子、ミッドシニア男子、シニア女子、ジュニアの各部参加受付を行います(2月28日締め切り。ジュニアの部は3月23日締め切り)。ミッド男子は5月1日から、ミッド女子および今年から秋に移行したシニア男子とグランドシニア(男子)は7月2日からの受付となりますのでご注意ください。
 県内ゴルフ場、主な練習場・ショップに配付されている実施要項にある郵便払込取扱票に必要事項を記入の上、競技参加料を添えて郵便局で申し込んでください。
 各会場とも定員になり次第締め切ります。
 お問い合わせは神奈川県ゴルフ協会(電話045-680-5621/平日10:00~18:00)まで。
 *おことわり…本ホームページ上にある実施要項に払込取扱票はついていません。

横浜市ゴルフ協会
会員デー 戸塚カントリー倶楽部・東コース
      2月26日(月)開催分
       追加募集中!

2018年1月25日

 2月開催分につきましては1月7日到着分で
 開催可能組数に達していないため追加募集をいたします。
 1月22日が雪で中止となったため2月は是非開催したいと思います。
 お仲間を誘って、お申し込みください。
 複数組や横浜市以外の協会員の申し込み(1組単位)もお受けいたします。
 詳しくは協会へお問い合わせください。

 
  プレー料金:横浜市会員/17,000円(非会員18,000円)
              (電磁誘導乗用カートによるセルフプレー)
              横浜市以外の会員は18,000円
  申し込み期間:2月5日(月)まで
  横浜市ゴルフ協会:045-680-5621

会長に神奈川新聞社・並木社長~理事総会で新役員決定

2018年1月25日


 県ゴルフ協会は25日、横浜市旭区の戸塚カントリー倶楽部で第49回理事総会を行い、任期満了に伴う役員改選で、新会長に神奈川新聞社の並木裕之社長を選任しました。同社社長が会長に就くのは20年ぶりで、並木新会長は「時代に適応できる財政基盤を整え、県全体で盛り立ててもらえる組織を目指し微力を尽くしたい」とあいさつしました。任期は2019年12月までの2年間。4年間会長を務めた工藤次郎氏は相談役に、また理事長の小原健司氏は再任されました。

2018~2019(平成30~31)年役員表

プレミアム第2予選組み合わせ神奈川アマ2018

2018年1月24日

プレミアム第1予選組み合わせ神奈川アマ2018

2018年1月17日

湘南・県西ブロック「会員デー」のお知らせ

2018年1月9日


 箱根カントリー倶楽部・大箱根カントリークラブのキャディ付プレーをご案内します。
 県ゴルフ協会加盟市町協会員であればどなたでも利用できます。
 箱根の雄大なコースで豪快なショットをお楽しみください。
 
※詳しくはこちら(記載内容をよくお読み頂き遵守してください)

2018年第1回ジュニア強化合宿成績

2018年1月5日




 2018年の「TEAM KANAGAWAジュニア(男子・女子各10名)」と「神奈川ジュニア特別育成強化選手(男子12名・女子7名)」による第1回強化合宿が1月5日、レイクウッドゴルフクラブ・西コースで行われました(写真は、終了後全員でのミーティング風景)。
 県ゴルフ協会は、国体少年男子および女子の部ジュニア枠の代表選手選考を主目的とした「TEAM KANAGAWAジュニア」、将来の国体代表育成と翌年のTEAM KANAGAWA ジュニアおよびTEAMKGA推薦対象者育成を目的とした「神奈川ジュニア特別育成強化選手」を毎年選抜し、年数回の強化合宿を行っています。第2回は3月30日、今回と同じレイクウッドGCで行います。
 第1回の成績は次の通り。

TEAM KANAGAWAジュニア成績(男子・女子)

神奈川ジュニア特別育成強化選手成績(男子・女子)

男子総合成績

女子総合成績

2018年度 神奈川県ゴルフ協会主催、関連競技日程が決まりました。

2017年12月28日

プレミアム予選、ダブルスの募集延長のお知らせ神奈川アマ2018

2017年12月22日

 
神奈川アマ2018プレミアム予選、ダブルスの部の参加申し込みは22日締め切りでしたが、定員に達していないため、「今月27日(水)到着分まで」延長します。

〈関連〉第1回神奈川レディースオープンは福島浩子が初代覇者(プロの部)
~アマの部は松尾律子が制覇第1回神奈川レディースオープン

2017年12月19日


 「第1回神奈川レディースオープン カーセブンカップ」が19日、横浜市旭区の戸塚カントリー倶楽部・西コースで行われた。アン・ソンジュ、川岸史果、工藤遥加、葭葉ルミらに加え、下川めぐみや福島浩子など神奈川出身選手らプロ60名、神奈川アマ2017ミッド女子の部上位者をはじめとするアマチュア20名の計80選手が、冬晴れとなった絶好のコンディションの中、18ホールストロークプレーで競った。
 同オープン実行委員会と神奈川女子プロ会(KLT会)主催、カーセブンディベロプメント特別協賛、神奈川県ゴルフ協会、戸塚カントリー倶楽部など協力、県体育協会、神奈川新聞社などの後援。
 優勝賞金100万円(賞金総額500万円)を争うプロの部は、72ストロークで横浜市出身の福島浩子選手が優勝。アマの部は79ストロークでラウンドした松尾律子選手が制した。
 初開催の今回は、ギャラリーを入れずに行われたが、次回(2018年12月開催)は一般にも公開する予定。

全成績は近日中に神奈川レディースオープンのホームページで発表されます。

https://www.kanagawaladiesopen.jp/



※写真説明
プロの部優勝の福島浩子選手(左)とアマの部優勝の松尾律子選手


松田(男子)・倉田(女子)がトップ第5回研修競技会 相模CC

2017年12月18日


 県ゴルフ協会の2017年度第5回研修競技会(木本紀嗣競技力向上委員長)は18日、
大和市の相模カンツリー倶楽部(男子6611ヤード、女子6191ヤード、いずれもパー72)に男子76人、女子63人が参加、18ホールストロークプレーで競われた。男子は松田永基(海老名)が72ストロークで、女子は倉田夕子(秦野)が80ストロークでそれぞれ1位となった。年間5回中4回の通算ポイントで争う年間ランキングでは、男子は坪井浩一(相模原)、女子は倉田がそれぞれトップに輝いた。
通算ポイントの男子15位まで、女子30位までの選手が神奈川アマ2018の決勝シード権を獲得した。


第5回男子1位 松田永基(海老名)


男子年間ポイント1位 坪井浩一(相模原)


第5回女子1位 年間ポイント1位 倉田夕子(秦野)

成績(男子)

成績(女子)

累計ポイント(男子)

累計ポイント(女子)

神奈川は2年ぶり3度目の優勝 トップアマレディース

2017年12月4日

神奈川、東京、千葉、埼玉から30人ずつ選抜された25歳以上の女子選手によるトップアマチュアレディース2017が12月4日、小金井カントリー倶楽部(東京)で開催され、119名が18ホールストロークプレーで団体戦および年代別個人戦を競った。神奈川県ゴルフ協会などの主催。
 各団体上位20人までのトータルスコアで争われた団体戦で神奈川は昨年3連覇を阻まれた東京に31打差をつけ、2年ぶり3度目の優勝を果たした。年代により7クラスに分けられた個人戦で塩田美樹子、松尾律子、倉田夕子、窪田和子、実方久美子が1位に輝き、5クラスを神奈川勢が制した。
 来年は12月3日、同じく小金井CCで行われる。




〇団体成績
  1 神奈川 1663ストローク
  2 東京  1694ストローク
  3 埼玉  1718ストローク
  4 千葉  1725ストローク

※全選手の成績はこちら。

プレミアム予選・ダブルスの部参加者を募集します神奈川アマ2018

2017年11月10日

 
   神奈川県アマチュアゴルフ選手権2018の開幕前競技「プレミアム予選(一般男子の部)」と「ダブルスの部」の参加者募集が始まりました。締め切りはいずれも12月22日(金)ですが、定員になり次第締め切ります。
 詳しくは各実施要項をお読みください。

プレミアム予選の実施要項はこちら

ダブルスの部の実施要項はこちら

<速報>全国アマは団体3位、個人戦は松田が7位

2017年10月26日

  
 「第35回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権大会 JA共済CUP(全国新聞社事業協議会主催、宮崎日日新聞社主管、日本ゴルフ協会など後援)」は26日、宮崎市のUMKカントリークラブ(7039ヤード、パー72)で最終日の競技が行われ、神奈川は3人の2日間合計ストロークが453で、優勝した山口と8打差の3位となった。個人戦では、松田永基の7位が最高だった。

※本県選手の成績(氏名の前の数字は個人戦の最終順位)
  <7>  松田永基(海老名)148(74・74)
  <20>鈴木優也(相模原)151(80・71)
  <30>窪田一樹(横 浜)154(78・76)



(写真は左から窪田、松田、鈴木の各選手)

<速報>全国アマ(26日まで)第一日は団体8位

2017年10月25日

  
 「第35回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権大会 JA共済CUP(全国新聞社事業協議会主催、宮崎日日新聞社主管、日本ゴルフ協会など後援)」は25日、宮崎市のUMKカントリークラブ(7039ヤード、パー72)で一日目の競技が行われ、神奈川は3人の合計232ストロークで8位につけた。トップは香川の222ストローク。

※本県選手の成績(氏名の前の数字は個人戦の一日目順位)
  <9>  松田永基(海老名)74(37・37)
  <48>窪田一樹(横 浜)78(39・39)
  <79>鈴木優也(相模原)80(37・43)

県オープンは飯沼大輔が優勝、アマは中村勝郁

2017年10月15日


 2017年県オープンゴルフ選手権 PPT in フィランスロピー(県プロゴルフ会主催)は10月10日、箱根カントリー倶楽部(7085ヤード、パー72)にプロ99人、アマチュア40人の計139人が参加、18ホールストロークプレーで行われた。プロの部は、飯沼大輔(KGRクラブ)がトータル68で優勝した。アマの部は70で回った中村勝郁(県プロ会推薦)がプレーオフを制した。

 上位者は次の通り。
▽プロの部 1.飯沼大輔(KGRA)68(37・31) 2.芦川正敏(横浜)69 2.大関翔(ゴルフパル大宮)69 
▽アマの部 1.中村勝郁(県プロ会推薦)70(34・36) 2.三澤孝至(県ゴルフ協会推薦)70 3.鶴田貴也(同)73 3.平本世中(厚木北高)73 3.小川龍清(県ゴルフ協会推薦)73 3.樋渡雅俊(同)73 3.義澤秀雄(県プロ会推薦)73

全成績表はこちら

愛媛国体は男女とも入賞ならず
個人戦は山田と鶴岡が最上位

  5日に始まった第72回国民体育大会(愛媛)・ゴルフ競技最終ラウンドが6日行われ、団体戦で神奈川県は、男女とも入賞を果たすことが出来なかった。個人戦は、男子では山田大晟の9位、女子は鶴岡果恋の15位がそれぞれ最高だった。
  次回の国体は福井県で開催される。

 本県代表選手の成績は次の通り。
 ※〈   〉内の数字は順位を表す。
 ※団体戦は2日間の3選手合計ストローク数、個人戦は2日間の合計ストローク数を、(   )内は第一日、最終日のスコアを表す。

  [成年男子(愛媛GC、7030ヤード、パー72)]
◯団体  〈16〉441ストローク(1位は北海道で421)
◯個人  〈9〉山田大晟140(71・69)  〈41〉鶴田貴也145(72・73)〈115〉三浦大河156(73・83)

[女子(エリエールゴルフクラブ松山、6294ヤード、パー72)]
◯団体 〈13〉437ストローク(1位は大阪府で410)
◯個人 〈15〉鶴岡果恋140(68・72)  〈61〉原田葵148(71・77)〈71〉本明夏149(75・74)

厚木市が優勝 県知事杯争奪allかながわスポーツゲームズ


県知事杯争奪オールかながわスポーツゲームズ市町村対抗ゴルフ大会2017(県ゴルフ協会主催、神奈川新聞社など後援)は2日、藤沢市の芙蓉カントリー倶楽部(一般、シニア6036ヤード、女子5628ヤード=ともにパー70)で行われた。26市町、29チーム(横浜、川崎、相模原は2チーム出場。団体戦の成績は上位1チームが市の代表)の選手が144参加。18ホールストロークプレーで争われ、団体戦は厚木市が297ストロークで優勝した。
団体戦は一般3人、女子と55歳以上各1人の1チーム計5人のうち、上位成績4人の合計ストロークで競われ、2位には303で横浜市Bチーム、3位には同ストロークで川崎市Aチームが入った。
個人戦の一般は山口善久(厚木)が68で制し、55歳以上は谷内三千夫(川崎)が71、女子は小林厚子(厚木)が72でそれぞれ栄冠をつかんだ。


優勝した厚木市チーム



個人の部一般 優勝 山口 善久 (厚 木)



個人の部55歳以上 優勝 谷内三千夫 (川 崎)

団体成績

個人の部成績(一般)

個人の部成績(シニア)

個人の部成績(女子)

組み合わせはこちら

協会別出場選手

その他の表彰写真



日本スポーツマスターズ 女子団体4位入賞
田谷が個人戦3位、男子は団体12位


 2017年度(第17回)日本スポーツマスターズ兵庫大会・ゴルフ競技が9月14~15日、男子は廣野ゴルフ倶楽部(6718ヤード、パー72)、女子は東広野ゴルフ倶楽部(5828ヤード、パー72)でそれぞれ、36ホールストロークプレーで行われた。
 各日の各県上位2名のスコア合計で競う団体戦で、女子が2日間トータル322ストローク(+34)で4位入賞を果たした(優勝は304で千葉)=写真=。男子は313(+25)で12位(優勝は295で北海道県)だった。
 個人戦では田谷千秋が2日間トータル158ストロークで、昨年に続き3位(タイ)に入った。男子は永井英輔の20位タイ(155)が最高だった。
 次回は北海道で行われる。

《個人戦記録(神奈川)》*氏名の前の数字は順位。
▽男子 <20>永井英輔155(75、80)<40>丹野富壽158(77、81)<66>坪井浩一162(78、84)
▽女子 <3>田谷千秋158(78、80)<18>横田光子164(82、82)<62>大畠恵子174(84、90)

※写真は左から大畠恵子、田谷千秋、横田光子の各選手


塩田 歓喜の初優勝県アマミッド女子の部 決勝


県アマチュアゴルフ選手権2017は19日、戸塚カントリー倶楽部・東コース(6043ヤード、パー72)でミッド女子(30歳以上)の部決勝を行った。64人が18ホールストロークプレーで競い、トータル71で回った塩田美樹子(横浜)が初優勝を飾った。
マッチングスコアカード方式により上位5人が18年に行われる同選手権の一般女子の部決勝の出場権を獲得した。今シーズンの県アマチュア選手権はこれで全ての大会が終了した。
 



ショット安定し勝利確信


 安定したショットで7代目女王の座を射止めた塩田は「今後のモチベーションにつながる。本当にうれしい」と喜んだ。
 勝利を確信したのは前半6番だ。選択した5番アイアンでピンそば1メートルへ。「悪い癖が出ないようにしっかり振り切ることを意識した。朝、父にアドバイスをもらったのもあって自信をもって臨めた」。続くバーディーパットもきっちり沈め、波に乗った。
 本業は藤沢市内の歯科医院に勤務する歯科医師だ。10歳でゴルフを始め、日本ジュニア選手権など大舞台を経験。港南台高校時代には国体にも出場したが、大学進学を機にしばらく競技から遠ざかった。
 それでも、2013年に本格的に競技に復帰すると、日本女子ミッドアマチュア選手権で優勝。練習時間は限られるが、ジュニア時代に培った経験と勝負勘を瞬く間に取り戻し、第一線に挑んでいる。
 「平日の大会にも出場させてくれる院長やスタッフのおかげ」と感謝する35歳は「ゴルフは満足することがない。一生楽しめる競技だし、ジュニアの子たちと渡り合っていきたい」と笑みを浮かべた。
(神奈川新聞社・須藤 望夢)
 

倉田、後半失速悔やむ

 
 〇…一昨年頂点に立った倉田がトータル3オーバーで2位に入った。2番でバーディーを決めるなどパーで折り返すも、後半は13番、14番で連続ボギーと失速。「前半はなんとかこらえたが、後半は腰の痛みが出て引っ掛けてしまった」と悔やんだ。
 それでも17番でバーディー、最終18番もパーでまとめて意地を見せ、「次は関東アマの決勝を通過して日本アマに出たい」と誓った。

成績はこちら

光山が2冠達成 シニア王者、ミッド男子も県アマミッド男子の部 決勝最終日


県アマチュアゴルフ選手権2017ミッド男子(30歳以上)の部決勝最終日は5日、戸塚カントリー倶楽部・西コース(7176ヤード、パー72)で行われ、第1日を1アンダーの71で終えた光山富夫(横浜)が3オーバーの75でまとめ、トータル146で初優勝を飾った。
4日から2日間の日程で行われ、最終日は第1日の84ストロークまでの61選手が参加。第1日を3位タイで終えた鈴木優也(相模原)がトータル148で2位に入った。



熟練の技術で大躍進


 
ミッドの部を制したのは55歳の光山だ。熟練の技術を見せ、昨年21位から大躍進。5月に行われたシニアの部との2冠を達成し、「夢にも思わなかった」と日焼けした顔をほころばせた。
豪快なショットはなくとも、ベテランなりの戦い方がある。後半14番でこの日五つ目のボギーをたたいたが、すぐさま気持ちをリセット。続く15番で3メートルのパーパットを落ち着いて沈めると、最終18番では約15メートルのアプローチショットを絶妙にピンまで50センチに寄せた。
「ドライバーは飛ばなくても、フェアウエーをキープすればパーは拾える」と勝負に徹したのも勝因だ。
大学卒業後に始めたゴルフだが、本格的にのめりこむようになったのは20年ほど前。初めて挑んだ神奈川アマで予選落ちし、「こんなにも悔しいものなのか」と負けん気に火が付いた。現在は横浜でサービス業を営む傍ら、週末は練習ラウンド。昨年のマルハンカップ太平洋クラブシニアでベストアマに輝くなど、充実の時を迎えている。
「シニアとミッドの2冠は史上初じゃないかな。若い人たちにもシニア世代にも刺激を与えられたと思う」。勝つ喜びを知り、ゴルフへの熱はさらに高まりそうだ。
(神奈川新聞社・木田 亜紀彦)
 

鈴木は過去最高準V


 
 〇…2打差のトータル148で準優勝に終わった鈴木は「やることをやった結果なのでしょうがない」と受け止めた。前半は1オーバーで逆転優勝に望みを残したが、後半は勝負所でバーディーを奪えず、「我慢しないといけないところで我慢できなかった」と振り返った。
 ただ、8位に終わった昨年からスコアを五つ上げて過去最高位に立った。37歳は「一歩ずつ上に行ければいい」と今後を見据えていた。
  


成績はこちら

TEAM KANAGAWA2017(女子)第4回強化会成績

 
 8月24日、東松山CC(埼玉県、関東女子ミッド予選会場)でTEAM KANAGAWA(女子)の今年最後となる第4回強化合宿が行われました。


◆TEAM KANAGAWA 女子成績

夏季合同ラウンドレッスン会を開催

  戸塚カントリー倶楽部・西コースに45名が集合
   県ゴルファー募金活用事業 夏季合同ラウンドレッスン会


 ゴルファー募金活用事業の一環として毎年実施している「夏季合同ラウンドレッスン会」が8月7日(月)、戸塚カントリー倶楽部・西コースで行われ、横浜市ジュニアゴルフスクール生、葉山国際CCジュニアゴルファー育成会会員を中心に、川崎市、相模原市、伊勢原市、横須賀市の各協会ジュニア会員など、小学4年生から高校3年生まで45名(男子21名、女子24名)が参加した。
 各市町協会から派遣されたジュニア委員の誘導で18ホールを元気にラウンドし、日頃の練習の成果を確認した。




神奈川が団体2連覇~首都圏対抗ゴルフ

アマチュアゴルフの第10回首都圏対抗選手権大会が21日、埼玉県比企郡の嵐山カントリークラブで行われた。神奈川、東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬の一都六県から一般男子12人、シニア(55歳以上)と女子各4人の計140人が参加、18ホールストロークプレーで団体戦と個人戦を競い、団体戦は神奈川が2年連続8度目の優勝を飾った=写真。
 団体戦は一般男子上位10人、シニアと女子のそれぞれ同3人の合計で争われ、神奈川は1197ストロークで、2位の千葉に8打差をつけた。
 個人戦では一般男子の部で金子光規(横浜)と松田永基(海老名)が70ストロークで2位タイに、また女子では塩田美樹子(横浜)が73で2位、田中慈子(藤沢)と松尾律子(同)が76で3位タイに入った。
次回は来年、千葉県で行われる。
        =神奈川関係記録
【団体】
 ▽順位 ①神奈川1197(一般男子737、シニア235、女子225)
【個人上位者】
 ▽一般男子 ②金子光規(横浜)70、松田永基(海老名)70
▽女子 ②塩田美樹子(横浜)73③田中慈子(藤沢)76、松尾律子(同)76

神奈川県全選手の記録はこちら。