神奈川ジュニア

 国体はじめ神奈川県の代表選手となる優秀な人材の発掘と強化のため、年間を通した各種事業を行っています。ジュニア育成ではコースマネジメント、「どう攻略するか、自ら考えよ」をテーマに、インテリジェンスゴルフの展開を目標にしています。

 
 

第76回三重国体 関東ブロック大会(少年男子)
    6位で本大会出場を逃す
関東ブロック大会

2021年7月16日


第76回国民体育大会(三重国体)関東ブロック大会が7月16日、栃木県の西那須野カントリー倶楽部(6,970ヤード、パー72)で、一都七県(神奈川、東京、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)から24選手が参加、18ホールストロークプレーで争われた。
3人の合計ストローク数により上位5チームが三重国体に進めるこの日、神奈川県は合計229ストローク(本大志76、竹原佳吾75、伊藤颯汰78)で  6位となり残念ながら本大会出場を逃した。

 

国体関東ブロック大会(少年男子)神奈川県代表3名が決定

2021年5月21日


 県ゴルフ協会競技力向上委員会(岩橋雅一委員長・関口洋一ジュニア委員長)は、第76回三重国体ゴルフ競技の出場を競う「関東ブロック大会」の県代表選手3名を発表した。
 選考は委員会より選抜された強化選手11名により実施した神奈川アマジュニアの部を含む4回の記録会を対象とし、順位ポイントやスコアポイント等の累積で上位3名を代表に選抜した。
 関東ブロック大会は7月15日、16日に栃木県の西那須野CCで行われ、関東一都七県が出場。5位までが本大会に進出する。神奈川県チームは、数回の事前強化練習を行い大会に臨む。 

■神奈川県代表選手
・本  大志(目黒日大高1年)
・竹原 佳吾(早実高3年)
・伊藤 颯汰(早実高2年)