神奈川ジュニア

 国体はじめ神奈川県の代表選手となる優秀な人材の発掘と強化のため、年間を通した各種事業を行っています。ジュニア育成ではコースマネジメント、「どう攻略するか、自ら考えよ」をテーマに、インテリジェンスゴルフの展開を目標にしています。

 
 

少年男子(国体)が関東ブロック大会を2位通過

2019年6月27日


 第74回国民体育大会関東ブロック大会が26日、袖ケ浦カンツリークラブ・袖ケ浦コース(千葉)で開催され、神奈川県は2位で通過、茨城国体の出場権を獲得しました。
 一都七県のうち、国体開催県でブロック大会が免除される茨城県を除く7チームが参加。各チーム3名の合計ストロークで争われる大会に、本県は竹原佳吾、林恭平、芳崎陽紀の3選手で臨み、合計221ストロークで、東京に次ぐ2位で本戦への切符を手にしました。

◇団体成績(カッコ内は合計ストローク数)
 1.東京(217) 2.神奈川(221) 3.群馬(224) 4.千葉(225) 5.栃木(226)
 6.埼玉(232) 7.山梨(242)
 -上位5チームが通過-

◇本県の個人成績
 竹原佳吾71(36・35) 林 恭平73(37・36) 芳崎陽紀77(37・40)




※写真は左から芳崎、竹原、林の3選手、松原伸夫監督

 

2019年第2回ジュニア強化合宿成績

2019年4月1日



 「TEAM KANAGAWAジュニア」と「神奈川ジュニア特別育成強化選手」による第2回強化合宿が3月29日、レイクウッドゴルフクラブ・西コースで行われました。
 第2回の成績は次の通り。

TEAM KANAGAWAジュニア成績(男子・女子)

神奈川ジュニア特別育成強化選手成績(男子・女子)

男子総合成績

女子総合成績

 

2019年第1回ジュニア強化合宿成績

2019年1月11日




 2019年の「TEAM KANAGAWAジュニア(男子9名、女子5名)」と「神奈川ジュニア特別育成強化選手(男子12名、女子9名)」による第1回強化合宿が1月6日、レイクッドゴルフクラブ・西コースで行われました。当日は、朝礼の後、各組を担当する委員の案内にしたがって打撃練習、パター練習を行い、OUT・INに分かれてスタート。18ホールのラウンド終了後、ミーテイングを実施しました。山崎正宏ジュニア委員長が「既に適用が始まっている新ルールをしっかり理解すること」、木本紀嗣競技力向上委員長は「心技体の"心"は家庭生活での礼儀正しい態度で鍛えられる」と、それぞれ年頭にあたって呼び掛けました。
 県ゴルフ協会は、国体少年男子および女子の部の代表を目指せる実力を備えた「TEAM KANAGAWAジュニア」、将来の国体代表育成と翌年のTEAM KANAGAWA ジュニアおよびTEAMKGA推薦対象者育成を目的とした「神奈川ジュニア特別育成強化選手」を毎年選抜し、年数回の強化合宿を行っています。第2回は3月29日、今回と同じレイクウッドGCで行います。
 第1回の成績は次の通り。

TEAM KANAGAWAジュニア成績(男子・女子)

神奈川ジュニア特別育成強化選手成績(男子・女子)

男子総合成績

女子総合成績